サーボとは?

サーボ(Servo) の語源はラテン語の”servus”(奴隷)から由来しており、「主人の指示通り、忠実にすばやく仕事をする召使い」という意味があります。サーボを簡単に説明すると、指示した位置や速度にすばやく追従させる制御をおこなう装置といえます。高速に繰り返し指定した位置に移動することを得意としており、その特性から、高速で高性能な様々な工場の設備や自動機械に適用されています。たとえば、半導体や液晶パネルを製造する製造装置のほとんどに使用されています。

つまりサーボで何ができるの?

トルク制御…モータに流す電流を制御してモータの発生トルクを制御する

 

速度制御…速度指令電圧に応じて無段階に速度を変えられる

位置制御…位置指令により モータの回転角度(位置)と回転速度(移動速度)を制御する

 

モータの回転角度(位置)・回転速度は位置指令によって決まる。 モータ停止中は今の位置を保持しようとする電気的ブレーキ(サーボクランプ)がかかる。

PAGE TOP