コンプライアンス

コンプライアンスに関する基本的な考え方

安川グループは、事業の遂行を通じて広く社会の発展、人類の福祉に貢献するというグループ経営理念を実現するにあたり、誠実かつ公正に事業を展開し、社会の信頼を得ることが不可欠と考えます。この認識のもと、社会のルールを尊重しコンプライアンスを実践するため、遵守すべき基本事項および行動規範を明示した「安川グループ企業行動基準ガイダンス」を制定しています。

「安川グループ企業行動基準ガイダンス」は、各国語に翻訳を行い、全世界の安川グループ会社の役員・従業員に周知徹底しております。

推進体制の整備状況

安川グループでは、グループコンプライアンス基本規程に基づき、コンプライアンス推進体制を整備しております。

安川電機本社には、コンプライアンス統括部門およびコンプライアンス推進責任部門を設置し、各部門の補佐として法令担当を設けて、安川グループ全体のコンプライアンス推進を担っております。各事業部門、国内外のグループ会社ではコンプライアンス責任者・推進リーダーを設置し、レポーティング体制の実効化を図っております。

また、グループ横断的な観点からコンプライアンス体制を構築するため、コンプライアンスに関わる重要事項の協議・方針決定を行う、コンプライアンス委員会を設置しております。(原則年2回開催)

内部通報制度(コンプライアンス・ホットライン)の整備状況

安川グループでは、不祥事の防止および早期発見を図るため、社内と社外の専門業者を窓口とするコンプライアンス・ホットラインを設置しております。

コンプライアンス・ホットラインは、安川電機および国内連結子会社の全従業員に加えて、お取引先さまも利用ができます。また、海外のグループ会社に対してはグローバル・ホットラインも設置しております。ホットラインの相談窓口は、従業員が携帯するコンプライアンスカードへの記載、社内ポスター、イントラネット掲載により周知を行っております。

従業員向けのコンプライアンス教育の実施状況

安川グループでは、社員に対する各種のコンプライアンス教育、法令遵守の啓発活動を継続的に実施しております。

【安川電機におけるコンプライアンス教育の概要】

・コンプライアンスに関する階層別教育(新任マネージャー研修等)
・各種法令の勉強会(下請法、カルテル、知的財産権等)
・毎年10月のコンプライアンス推進月間の取組み

PAGE TOP