社会貢献の方針

当社は、「安川グループ企業行動規準」にて社会との関係に関し以下の通り定め、事業活動とともに社会貢献を積極的に推進しています。

安川グループ企業行動規準ガイダンス

当ガイダンスに基づき、私たちは、地域を含む社会への貢献を意識して事業活動を推進します。寄付金を支出する場合には、反社会的勢力に該当するおそれがないかの確認を含め、透明性ある承認プロセスにおいて実施します。

また、社会貢献の方針について以下の通り定め、ステークホルダーの皆さまとの対話と協創を通じた良好な関係構築、価値創造に取り組んでいます。

安川グループ社会貢献方針

安川グループは、経営理念にもとづいた事業の遂行を通じて、持続可能な社会の実現に向け貢献します。
「技術立社」を社是とし、国内外に拠点を置くグローバル企業として「ものづくりの進化」を担う人材の育成に取り組むとともに、それぞれの地域と共生・共創する社会貢献活動を推進します。

①「ものづくりの進化」を担う人材の育成
ロボット村(安川電機みらい館、安川電機歴史館、ロボット工場、YASKAWAの森)をはじめ、各工場、ロボットセンタなどを活用し、当社が100年以上にわたり培ってきた「電動機(モータ)とその応用」をコアとする技術と製品に触れていただき、日々進化を続ける科学技術への関心を促すとともに、次世代のものづくりを担う人材の育成に貢献します。

②地域との共生・共創
本社所在地である北九州をはじめとして、当社が工場や事業拠点を置く地域を中心に、学術研究活動や教育活動の支援、スポーツ、文化・芸術振興による人材育成や地域活性化に貢献します。

推進体制

2020年度から総務部内に社会貢献推進課を設置し、これまで以上に社会貢献活動に取り組み、地域の方々にとっては、「この街に安川グループがあってよかった」、当社従業員にとっては、「安川グループで働いていてよかった」と思ってもらえるような活動を行っていきます。

また、従業員が社会貢献活動に参加する仕組みとして、「YASKAWA未来クラブ」を2005年に設立し運営しています。YASKAWA未来クラブの趣旨に賛同して自発的に入会した当社および当社グループ会社所属の従業員が、給与の一部を継続して拠出し、集まった資金により様々な社会貢献活動や寄付を行っています。
活動の状況については、社内イントラネットに社会貢献のページを設け、適宜報告を行っています。

PAGE TOP