リスクマネジメント

基本方針

安川グループでは、「危機管理基本規程」によりリスクマネジメントの基本方針を以下のように定めています。

  • 当社グループにおける危機管理体制を構築し、注意喚起および未然防止を図る。
  • 危機発生時における対応要領を明確にするとともに、危機発生時の迅速かつ適切な対応により経営あるいは事業運営への影響を最小限に抑える。

推進体制

全社委員会として危機管理委員会を設置し、各地区や事業部からのメンバーが定期的に集まり、当社が直面する様々なリスクへの対応の協議・実行を行っています。
また、国内外のグループ会社において、危機管理の担当である「危機情報管理者」を指定し、その者を中心に必要な連絡を迅速に行い、リスクマネジメントに取り組んでおります。

リスクマネジメントの取り組み

新型コロナウィルス感染症対策においては、緊急かつ重大な事案として危機対策本部を立ち上げ対応してきております。具体的には、情報収集、経営陣や危機情報管理者等への定例報告、グループ内への注意喚起などを行い、社員の命と健康を守り、事業遂行への影響を最小限に抑えるべく活動をしております。また、これら重要リスクに対する取り組みに関する実行状況を、定期的に執行会議や取締役会へ報告しています。
上記以外では、災害対策委員会を設置し、各地区での災害(大地震や河川の氾濫)を想定した事業継続計画を策定する等、自然災害による事業運営へのリスクを最小限に抑えるようリスクマネジメントに努めています。

PAGE TOP