i³-Mechatronicsでお客さまのスマート工場化に向けたソリューション提供

近年は、通信技術の進歩により自動車や工場、家電などすべてのものがデジタルでつながるIoTやindustrie4.0という言葉が広い意味で使われています。このIoTやindustrie4.0の潮流に対して当社が推進しているのが、i³-Mechatronics(アイキューブ メカトロニクス)というソリューションコンセプトです。

当社のビジネスは、工場の生産ラインの一つの単位である「セル」を産業用ロボットやサーボモータ、インバータで自動化することを得意としてきました。i³-Mechatronicsでは、お客さまのお困りごとに対する解決策の一つとして、「セル」の自動化に加えてそれらをデジタルデータで管理していくことをご提案します。これにより工場の機器の稼働状況(プロセスデータ)や生産状況(ステータスデータ)を、熟練者の経験に基づいた”暗黙知”ではない”数値”として生産管理することができるようになります。データで管理することで稼働停止の赤いランプをなくし、稼働している緑のランプを点灯させ続ける、それがお客さまにご提供していきたいことです。

アイキューブメカトロニクスでご提案するソリューション

i3_solution

このi³-Mechatronicsは、①integrated(統合的)、②intelligent(知能的)、③innovative(革新的)の3つの”i”のステップで進めていきます。具体的にはまず工場のセルやシステム(設備機器など)の機器や装置を①integrated(統合的)でデータを視える化してIT層へとつないでいきます。次に収集したデータを②intelligent(知能的)に分析・解析してフル活用していきます。そうすることで稼働している設備の向上や生産品質の安定といった③innovative(革新的)な状態にし、その結果としてお客さまが目指すスマート工場化に向けての課題解決につなげていきます。

それでは、i³-Mechatronicsでどのようなことができるのか、ソリューションごとにご紹介していきます。

YCPによるデータの視える化

まず、スマート工場化を進めるにあたり、i³-Mechatronicsの最初のiであるintegratedで産業用ロボットや工作機械、センサなどの工場の機器/装置を統合して稼働している状況を視える化することが重要です。そのためのソフトウェアツールである「Yaskawa Cockpit(YCP)」の特長は、視える化を通じたデータの「集約と蓄積」と「分析」です。データの集約と蓄積では、他社製品も含めて生産現場にある様々な機器・装置をYCPにつなげ、機器同士の時系列を合わせて100万分の1秒単位でデータをとり、タイムスタンプ(時刻)を合わせることで、高速かつ精密に装置同士を連携させることが可能です。データの分析では、YCPでは上位システムでAIによって作成された推論などの分析モデルを実行することができます。このほかにもアドオンとして稼働状態監視機能や生産数モニタ機能などの追加、ITベンダーが提供するERP、MES、ビッグデータなどサーバー上位システムへのデータの受渡しも一元管理します。YCPを導入することで、故障予知診断のほか稼働状況監視/診断、機器の異常診断、品質不良検知などが行えます。