CTOメッセージ

「i³-Mechatronics(アイキューブ メカトロニクス)」の実現に向け、市場ニーズを技術開発に反映することで、お客さまに新たな価値を提供します

執行役員 技術開発本部長 熊谷 彰

執行役員
技術開発本部長
熊谷 彰

当社の技術は、三相誘導電動機の自社開発に端を発します。北九州の地の利を活かし、炭鉱用巻き上げ機用途などを始めとした炭鉱用電機品の製造販売を経て、産業の電動化・自動化を推進してきました。この事業は、システムエンジニアリング事業へと繋がりました。
同時に工場の自動化へと視野を広げ、お客さまの機械の機能・性能を飛躍的に向上させるべく機械装置(メカニズム)に電子工学(エレクトロニクス)を融合させたメカトロニクスの考えをいち早く提唱しました。この考え方が、モーションコントロール事業、ロボット事業へと繋がり、以来、電動機とその応用技術つまり「パワー変換」「モーション制御」「ロボット技術」を技術開発のコアにおいてきました。現在では世界最高レベルの制御技術と自負しています。

当社は、長期経営計画「2025 年ビジョン」に掲げている「新たな産業自動化革命の実現」に向け、メカトロニクスの進化としてデジタルデータマネジメントを組込んだソリューションコンセプト「i³-Mechatronics」を提唱し、競争力のあるハードウェアとソフトウェアを融合したソリューションを提供するなか、技術面での開発を加速させています。この「i³-Mechatronics」の実現に向け、事業部・営業と密接に連携してお客さまのニーズを的確に把握し、技術開発に反映させることで、お客さまへ新たな価値を提供していきます。

また、変化する市場ニーズへの対応力をより一層強化するために、基礎研究から量産試作までの一貫した研究開発拠点「安川テクノロジーセンタ(仮称)」の新設を進めています。(2020年開所予定)

これからも、安川電機の技術・製品にご注目ください。

PAGE TOP