環境経営

次世代へ地球の豊かな恵みを継承するために
環境経営を推進しています。

安川グループの環境ビジョンと環境長期計画

生産活動(グリーンプロセス)における環境負荷は従来以上に低減するとともに、当社技術力をもって製品の環境性能を高め、製品(グリーンプロダクツ)により世の中の環境負荷を低減することで更なる貢献を果たします。
気候変動がグローバルで様々な影響を及ぼすことが問題となる中、当社コア技術であるパワー変換技術等を活用した製品を通じたCO2排出削減を中心に、多面的な環境活動により持続可能性を追求し、企業価値向上を図ります。

前環境中期計画の目標と実績

  前環境中期計画(2016~2018)
2018年度目標
取組み状況と2018年度成果 自己評価
グリーン
プロセス
国内生産事業所のエネルギー使用量
生産高原単位10%改善
(2012年度比)
17%改善、新建屋の省・創エネ推進、および高効率設備への更新
グループのGHG排出量3%削減
(2015年度比)
5%増加、集計対象に15年度比で4社追加し、生産量も増加のため、エネルギー使用量が増加 ×
グループの廃棄物排出量売上高原単位3%改善
(2015年度比)
15%増加、廃棄物データ取得会社の増加により原単位増加 ×
水の適切管理カバー率100% 100%達成
グリーン
プロダクツ
製品を通じたCO2排出量抑制累積600万トン(2016年度以降累積) 製品を通じたCO2排出量抑制累積1,171万トン
RoHS指令対応100%
(適用除外製品を除く)
対象製品についてRoHS指令対応100%、追加4物質へ対応中
マネジメント グループEMS統括機能範囲拡大
環境影響負荷比80%
90%へ拡大、グループ会社へ自社の負荷把握とシステム活用を指導

自己評価 :◎目標達成度130%以上、○目標達成度100%以上、△目標達成度50%以上、×目標達成度50%未満

新環境中期計画の目標

  新環境中期計画(2019~2021)
2021年度目標
グリーン
プロセス
グループのCO2排出量
売上高原単位6%改善 (2015年度比)
再生可能エネルギー比率5% (安川電機単独)
グループ廃棄物排出量 2018年度以下
水の適切管理カバー率 100%
グリーン
プロダクツ
製品を通じたCO2排出量抑制累積4,000万トン
(2016年度以降累積)
RoHS指令対応100%
(追加4物質含む10物質排除)
マネジメント グループEMS統括機能範囲拡大
環境影響負荷比90%以上

安川グループ環境方針

環境理念

安川グループは、経営理念に基づき、地球環境保全が人類共通の最重点課題の一つであるとの認識に立ち、企業活動のあらゆる面で環境に配慮して積極的に行動することにより、持続可能な社会の実現に貢献します。

基本行動指針

環境推進体制

当社および関係会社ではこの推進体制のもとで、”全社環境推進委員会”で審議・決定された全社方針、実施計画により環境活動を推進しています。

グループ環境マネジメント

環境への取り組みは海外の関係会社を含めグローバルで環境への取り組みを加速するため、2015年度にグループ環境方針を制定しました。このグループ環境方針を各関係会社の環境目標に取り込み、事業内容に沿った環境活動を実施しています。  今後もこの活動を推し進め、環境経営範囲をグローバルに拡大して行きます。

統合環境マネジメントシステム

統合環境マネジメントシステム(EMS)の概要dummy_ph

 

当社は、1998年から各生産事業所でのISO14001(環境マネジメントシステム)の認証取得を開始し、2014年8月には国内全生産事業所(5事業所)での統合認証を取得し、2017年6月にはISO14001-2015年版への移行を完了しました。

新しい規格の要求事項である、内部外部の課題、ニーズ及び期待、リスク及び機会をしっかり捉え、計画した環境目標を達成できるよう、持続可能な社会の実現に向けて、今まで以上に環境活動を推進して行きます。

本マネジメントシステムの適用範囲は、入間事業所、八幡西事業所、行橋事業所、小倉事業所、八幡東事業所の各部門及び構内関連企業における生産活動・製品及びサービスの全ての段階に適用しています。

環境法規制遵守

当社では、環境に関連する法律や規制の遵守を徹底するため、各事業所に適用される法規制の確認、対応すべき内容と実施方法について社内規定に定め、各事業所内および、ISO統括事務局による遵守確認を実施しています。2018年度、当社は法律や規制に対する違反や処罰はありませんでした。

廃棄物業者の現地確認

廃棄物の排出事業者責任を重視し、当社では、生産事業所が契約する廃棄物収集運搬業者及び処理業者の現地確認を全社共通のチェックシートを用いて実施しています。2018年度までに契約業者の法令違反はありませんでした。今後も継続して実施して行きます。

安川グループの環境貢献

安川グループは、生産活動に伴う環境負荷低減(グリーンプロセス)と製品の普及を通じたエネルギー消費改善(グリーンプロダクツ)を両軸とした環境貢献を目指します。この取組みの目標の一つにCCE100: Contribution to Cool Earth 100(当社が排出するCO2の削減と共に、2025年にはその100倍以上を当社製品を通じて削減)を設定し、その実現に向けて環境貢献活動を推進していきます。

  • 環境貢献

見学者へのロボット村環境技術紹介

北九州市の本社事業所を「ロボット村」と位置づけ、リニューアルしました。
ロボット村は、エネルギーを「つくる」、「ためる」、「ひろう」、「へらす」、「賢くつかう」の5つの視点を取り入れており、自社技術を活用することで、事業所全体のCO2排出量を半減、さらにエネルギー使用量を原油換算で42%、ピーク電力を35%削減することを実現しました。
ロボット村に活用されている環境技術については、安川電機みらい館に見学に来られた方にわかりやすく紹介しています。

  • dummy_ph

    *:「ロボット村」は安川電機の登録商標

ロボット村で活躍する自社技術

  • energy

 

省エネ大賞受賞

ロボット村は自社技術を用いた省エネ活動が評価され、平成27年度省エネ大賞において、省エネ事例部門で省エネルギーセンター会長賞を受賞しました。また、製品・ビジネスモデル部門では「安川マトリクスコンバータU1000」が経済産業大臣賞を受賞し、ダブル受賞となりました。

カーボンニュートラル大賞受賞

安川電機本社棟は、平成29年度カーボンニュートラル大賞*を受賞しました。竣工後も省エネ運用を徹底し、標準ビルに対して76%エネルギーを削減していることが評価されました。

dummy_ph

*建築設備技術者協会が、毎年実施している表彰制度。建物のCO2排出量をゼロに近づける「カーボンニュートラル化」社会構築への貢献を目的としている。

 

環境保護に関する取組み(インド)

2019年3月22日にインド、デリーにてGlobal Safety Summitが開催され、YASKAWA INDIAはベスト環境活動賞を受賞しました。このサミットは環境保全と地球規模のサステナビリティをテーマに毎年開催されている議会で、World Safety Forum、BCTOAD Hyperlink Ltd及び 世界193カ国の組合により運営されています。

YASKAWA INDIAは業務の中で従業員の安全確保、環境保護に重きを置き、環境や気候変動への影響や、従業員や地域社会の健康と安全を最も重要視すべきと認識しています。特に環境保護に対しては、以下の取組みを行っています。

・有機廃棄物、固形廃棄物及び電子廃棄物は、「国家公害対策委員会」の規定に従って、適切な資格持つ業者により廃棄処分されています。
・水、大気法による運営許可のために、年に一度騒音レベルの検査を行っています。
・カルナタカ州公害申し委員会に対して、半年に一度、大気、水質、廃棄物処理の検査結果を報告しています。

  • トロフィーの授与

    トロフィーの授与

  • air check

    トロフィーと盾

PAGE TOP