働きがいのある職場づくり

顧客価値創造活動による企業価値の最大化と「働き甲斐のある会社」を目指すという基本的な考えのもと、評価制度の見直しを中心とした「人事制度改革」や、働き方改革関連法などの社会情勢に対応した「労働時間管理制度改革」を大きな柱として、労働生産性を向上させるための改革を推進しています。

働き方改革

2025年ビジョン」の達成のため、求める人材を①「自ら考え新たな領域にチャレンジし、活躍できる人材」、②「グローバルに競争し、勝つことのできる人材」、③「多様性を許容し、組織と人材を引っ張り、束ね、支える人材」とし、以下の方策に取り組んでいます。

上記を含め、「2025年ビジョン」達成のために必要な組織や人材、外部環境の変化を見据え、組織力および人材力強化に向けた取り組みを進めています。

ESアンケートの取り組み

2016 年度より単体社員全員を対象としたES(従業員満足度)アンケート調査を毎月実施しています。アンケートを通じて経営施策の理解や浸透度、職場の繁忙感、人事制度への満足度などを測ると同時に社員の抱える諸課題を解消し、長期経営計画「2025 年ビジョン」の実現や中期経営計画目標達成へ向け、経営層と全社員がより一体となった企業風土の醸成を目指しています。

アンケート回答率は毎月90%を超え、さまざまな意見や要望が寄せられています。アンケート分析結果の公表と、全ての意見や要望に対するフィードバックに努めています。

従業員持ち株会

福利厚生の一環として安川電機持株会を運営しています。安川電機およびその関係会社の従業員を対象として、奨励金を拠出金に加算して株式の購入に充当する制度となっています。

PAGE TOP