ワークライフ・マネジメント

経済の状況、社会のあり方の変化に伴い、多様な社員一人ひとりが最大限に能力を発揮することが会社の中長期的な成長に必須です。そのためにも生産的でメリハリのある働き方へ変革するとともに、仕事とプライベートのバランスをマネジメントし、安心して働くことができる職場環境の実現を目指しています。

育児・介護両立支援制度の拡充

プラチナくるみん

2017年度から積立休暇の時間単位での取得、在宅勤務制度、また、配偶者の海外転勤を事由とする休職制度を導入しました。働き方の選択肢を増やし、育児・介護と仕事の両立を支援しています。特に育児については、2018年度より、両立支援の制度導入や利用が進み高い水準の取り組みを行っていることが評価され、厚生労働大臣より「プラチナくるみん認定」を受けています。

育児・介護支援制度

当社の育児介護支援制度の一部をご紹介します。

勤務時間の短縮  育児中の社員は、子供が小学校を卒業するまで、一日につき実働6時間までの短縮ができます。
配偶者出産休暇(有給)

配偶者の出産予定日前8週間・産後8週間以内に、5日間の休暇を取得することができます。※分割取得可能

積立休暇(有給) 入社後2年度目から年間3日の積立休暇を付与しています。積立休暇は最大30日間保有でき、育児やPTA活動、介護などの事由で利用可能で、一日単位・半日単位・時間単位で取得可能です。 
在宅勤務

仕事と育児・介護の両立のため、在宅での勤務が可能です。※育児事由の場合は子供が小学校を卒業するまで(女性の場合は妊娠期間含む)。

その他支援

積立休暇

積立休暇は、育児や介護事由以外でも、自己の治療・療養のほか、ボランティア活動や自己啓発などにも利用可能です。近年では自然災害が増加していることもあり、多くの社員がこの積立休暇を利用することで災害ボランティア活動を行っています。

年休取得推進の取り組み

当社では、働きがいのある会社づくりに向けた取り組みの1つとして、5日連続の年休取得を推奨しており、多くの社員がこの制度を活用しています。この取り組みを通じて、休暇を取得しワーク・ライフ・マネジメントの充実を図るだけではなく、社員一人ひとりが意識して働き方にメリハリをつけ、ムリ・ムダのない職場環境の整備を行うことも併せて目的としています。

PAGE TOP