岩塚製菓株式会社 米菓生地コンテナのパレタイザ

お客さま導入事例

岩塚製菓株式会社 米菓生地コンテナのパレタイザ

国産米100%を使用した米菓メーカーの岩塚製菓株式会社。
米菓の生地が入ったコンテナのパレタイズに、安川電機のロボット「MOTOMAN-GP88」を導入していただいています。

ロボットの導入前は、30品目以上の米菓の生地を3ラインに振り分けて生産していました。
生地の計量、コンテナの積上げを繰り返す単純作業ですが、20㎏以上のコンテナを5段に積む重労働でした。
また、3ラインが離れた場所にあったため、1日9名の人員が必要でした。

作業者の安全の確保、3ラインの集約、作業者の省人化という課題を解決するため、当社のロボットを使用したコンテナパレタイザを導入いただきました。
このシステムでは、コンテナの積込みの他、コンテナを載せる台車の供給、段ボール板の供給を1台のロボットで担っています。他にも空コンテナの供給や、生産データの管理を自動化することで、3ライン分を1名で作業できるようになりました。
作業者が重量物を持つことがなくなったことで安全性が向上し、また、3ラインを集約したことで6名の省人化を実現しました。

工程の流れ


工程の流れ

ロボット導入によるメリット

重量物の積込み作業をなくすことによる作業者への負担軽減
ライン集約と自動化による省人化の実現
生産状況の確認、データ管理が可能になった

お客さまの声

【機械設備 ご担当者】
コンテナパレタイザシステムの導入により、目指していた『安全・集約・省人化』を叶えることができました。
システム導入にあたり、安川グループシステムインテグレータのFAMS工場内で全システム(13m×5m)を組み立て、実際の現場で生産されている状態の製品でライン稼働を再現しました。担当者が立ち合いながら動作確認を行い、製作途中で修正や調整を繰り返したことで、導入後の大きな相違がなく、イメージ通りにシステムを導入することができました。
本件は、岩塚製菓社内の改善事例発表会で最優秀賞を受賞し、ロボットによる生産性改善として全社に認められました。

会社紹介

岩塚製菓株式会社
所在地 : 新潟県長岡市飯塚2958番地
事業内容 : 米菓の製造ならびに販売
URL : https://www.iwatsukaseika.co.jp/

導入製品

導入元

インタビュー動画

他の事例を見る

一正蒲鉾株式会社
-カニ風味かまぼこのケーサー-

八海醸造株式会社
-日本酒一升瓶のケーサ・パレタイザ-

JR九州エンジニアリング株式会社
-新幹線の車両部品の塗装-

丸栄株式会社
-カキ養殖用ホタテ貝の殻の穴開け-

全国農業協同組合連合会(JA全農)
-サルモネラ菌検査の前処理工程-

オタフクソース株式会社
-商品段ボールのラベル貼り-

食品メーカーA社
-商品の箱詰め-

株式会社 マツシマメジャテック
-部材の切削加工-

お困りごとはございませんか?

PAGE TOP