一正蒲鉾株式会社 カニ風味かまぼこのケーサー

お客さま導入事例

一正蒲鉾株式会社 カニ風味かまぼこのケーサー

カニ風味かまぼこ売上日本第1位の一正蒲鉾株式会社。
製品の箱詰めに安川電機のロボット「MOTOMAN-MPP3S」を導入いただいています。

お客さまの主力製品であるカニ風味かまぼこ「サラダスティック」の製造ラインでは、商品の箱詰めなど手作業で行っている工程が多くあり、効率化できていないことが課題でした。そこで当社のロボットを導入いただき、箱詰めの前後の工程も含めた自動化を行いました。
ロボットを導入いただいたラインでは、コンベヤ上に流れてくる商品をロボットが順番に3つ吸着し、箱詰めを行います。前後には、製函機、封函機、ウエイトチェッカーを設置し、箱の組立からテープ貼り、移載ミスによるセット不良対策までを自動化することで、省人化を実現しました。さらに、その製造ラインを全国の工場へ水平展開したことで、生産性を大きく改善することができました。

工程の流れ


工程の流れ

ロボット導入によるメリット

箱詰めの周辺の工程も含めて自動化を実現
作業員の省人化を実現
全国の工場へ水平展開したことで、全社規模で生産性を改善

お客さまの声

【FAシステム部 ご担当者】
弊社のカートニングエリアは狭く、基本のライン構成は同じでも工場毎にレイアウト配置を検討する必要がありました。安川グループのシステムインテグレータFAMSに依頼し、設置する各工場の周囲環境を十分に把握したうえでライン環境に適したロボットケーサーを導入してもらいました。
FAMSはロボットのSIとしての技術と実績があるので安心感があり、同じ県内メーカーなので緊急時などのトラブルにも迅速に対応していただいています。また新規の案件を検討する際も、デモ機によるテスト検証など、導入に向けたフォローもしっかり行っていただけるので助かっています。

会社紹介

一正蒲鉾株式会社
所在地 : 新潟市東区津島屋七丁目77番地
事業内容 : 水産練製品・惣菜の製造販売およびまいたけの生産販売
URL : https://www.ichimasa.co.jp

導入製品

導入元

他の事例を見る

岩塚製菓株式会社
-米菓生地コンテナのパレタイザ-

八海醸造株式会社
-日本酒一升瓶のケーサ・パレタイザ-

JR九州エンジニアリング株式会社
-新幹線の車両部品の塗装-

丸栄株式会社
-カキ養殖用ホタテ貝の殻の穴開け-

全国農業協同組合連合会(JA全農)
-サルモネラ菌検査の前処理工程-

オタフクソース株式会社
-商品段ボールのラベル貼り-

食品メーカーA社
-商品の箱詰め-

株式会社 マツシマメジャテック
-部材の切削加工-

お困りごとはございませんか?

PAGE TOP