新着情報

新形塗装ロボットMOTOMAN-MPX1150を発売
- 家電製品、自動車部品、携帯電話などの小型製品の塗装に最適 -

新製品2017年3月14日

 株式会社安川電機(代表取締役社長 小笠原 浩)は、産業用ロボットMOTOMAN(モートマン)の塗装ロボットシリーズとして、様々な製品の塗装に最適化したロボットのラインアップを幅広く取りそろえています。このたび、家電製品や自動車の樹脂成形部品、携帯電話やパソコンの金属部品などの様々な小型製品の塗装に最適な塗装ロボットMOTOMAN-MPX1150をラインアップし、315日より販売開始いたします。

 部品単体の塗装はもちろん、網塗り、スピンドル塗装、連続コンベヤによる追従塗装など、お客様の生産スタイルに合わせた塗装が可能で、生産ラインのコンパクト化とコスト低減に貢献します。

  • https://www.yaskawa.co.jp/wp-content/uploads/2017/03/MPX1150.jpg

    新形塗装ロボット MOTOMAN-MPX1150

1. 主な特長

(1)小型・軽量 小型の塗装ブースにも最適な小型・軽量の塗装ロボットです。ロボット表面の凹凸部を極限まで削減したスムースで丸みを帯びたデザインにより、塗料ミストの蓄積を抑えロボットの手入れも簡単です。

 

(2)広い動作範囲と省スペース化 ロボット関節位置の最適化(S/L軸オフセットレス)により、ロボットを近接配置することが可能です。コンパクトなレイアウトで塗装ブースを縮小できるため、ブース空調によるCO2排出およびランニングコストを低減します。

 

(3)全方向設置が可能 床置き、壁掛け、天つり設置が可能。お客様の生産スタイルに合わせて自在なレイアウトを構築できます。

  • https://www.yaskawa.co.jp/wp-content/uploads/2017/03/MPX1150_02.jpg

(4)可搬質量5kgで高品質塗装にも対応 手首軸のモーメント・イナーシャ強化により、手首軸可搬質量は5kgを確保。複数のガンや 小型ベル塗装機などの搭載による高品質塗装にも対応可能です。

 

(5)塗装機器の高度な制御が可能 高機能ロボットコントローラDX200と組み合わせることで、吐出量・高電圧・エア条件などの塗装条件をロボットプログラムにて直接制御することが可能です。オプションで塗装エア盤も用意しています。

2.主な用途

 家電製品全般、携帯電話、パソコン、自動車樹脂部品等の小型製品の塗装

3.販売計画

(1)販売開始  2017315

(2)販売価格  オープン価格

 

【お問い合わせ先】

株式会社 安川電機

ロボット事業部 塗装ロボット営業部

中川 彰

TEL: 093-645-8042

FAX: 093-645-7736

PAGE TOP