新着情報

-i³-Mechatronicsの統合ソリューション-
コントローラを統合する制御機能を提供開始

お知らせ2018年8月30日

 株式会社安川電機(本社:福岡県北九州市 代表取締役社長:小笠原 浩)は、長期経営計画「2025年ビジョン」に掲げる「新たな産業自動化革命の実現」に向け、新たなソリューションコンセプト「i3-Mechatronics(アイキューブ メカトロニクス)」を提唱し、デジタルデータソリューションの提供を進めています。このたび、マシンコントローラとロボットコントローラを統合するソフト面でのソリューションとなる制御機能を開発し、831日(金)より提供を開始します。サーボドライブと産業用ロボットを合わせて導入する際には、マシンコントローラのプログラムからロボットコントローラが制御できるようになります。

 対応が可能なモデルはマシンコントローラMP3000シリーズ(MP3200MP3300)とコントローラ内蔵型のサーボパックΣ-7C”です。

1.主な特長

(1)通信プロトコル対応の関数でロボットを制御

 マシンコントローラのラダープログラムにおいて、MotomanSync I/F*の通信プロトコルに対応した関数を実行することによりロボットを制御します。これによりロボットコントローラからのプログラム言語は不要です。ロボットごとに必要な送受信データだけを繰り返し通信することで応答性に優れたシステムに貢献します。

*ホストコンピュータからロボットを制御するためのインターフェース機能

 

(2)ロボットの移動関数でスムーズな動作

 マシンコントローラMP3000シリーズの標準関数の一つとしてロボット制御に必要な関数を提供します。この関数を使用すると、複数の位置への移動指令を連続で実行し位置間を滑らかにつなぐことができ、ロボットの動作をスムーズにすることや、JOG関数を使ってマシンコントローラに接続されたタッチパネル等から、簡易ティーチングペンダント機能を構築することが可能です。

 

ロボット制御のイメージ

2.定格・仕様

項目 MotomanSync(Ethernet) MotomanSync(高速バス)
対象ロボットコントローラ YRC1000micro,YRC1000 RM100
ロボットコントローラ接続台数 最大3台
マニピュレータ台数 最大6台
ロボットコントローラ3台×マニピュレータ2台=6
対象MPコントローラ MP3200,MP3300,Σ-7C MP3300
対応通信機能 MP3000内蔵218IFD 高速バス
通信プロトコル Modbus/TCP FC=67H(ベンダ固有)
MotomanSync I/F
MotomanSync I/F
通信方式 コマンド/レスポンス方式
データ更新周期 最小10.0ms
※スキャン時間が最小値よりも大きい場合にはスキャン時間に依存します。
最小2.0ms
※スキャン時間が最小値よりも大きい場合にはスキャン時間に依存します。
設定方法 SVK機能モジュール
(Ethernet通信コネクション設定)
SVK機能モジュール
RM100モジュール
ロボットへの指令方法 ロボット制御関数

Ethernetは、富士ゼロックス株式会社の商標です。

3.対応機種

マシンコントローラ/ツール 対応バージョン 備考
MP3200/CPU-201 Ver1.42以降
MP3200/CPU-202 Ver1.42以降
MP3300/CPU-301 Ver1.42以降
MP3300/CPU-302 Ver1.42以降

RM100(高速バス)接続時は、

ソフトウェアVer1.44以降
ハードウェアRev.A02以降を使用のこと

Σ-7C Ver107以降
MPE720Ver7 Ver7.45以降

 

ロボットコントローラ 対応バージョン
YRC1000 YAS1.32.00A(–)-00以降
YRC1000micro YBS1.04.00A(–)-00以降

4.提供計画

 提供開始日:2018831日(金)

 

【お問い合わせ先】

株式会社安川電機

モーションコントロール事業部

応用技術部 プロダクトマネジメント課 高野 透

TEL: 04-2962-5470 FAX: 04-2966-0746

PAGE TOP