協働ロボットとは?

今までロボット導入には高いハードルが

産業用ロボットと聞くと、自動車工場での溶接や塗装などで使われているシーンを思い浮かべる方が多いと思います。ただここ最近では、自動車以外でも物流や食品をはじめ多くの分野でロボットが使われるようになってきました。近年は世界中の製造現場での人手不足は深刻な問題で、ロボットを使用した自動化がますます求められています。また、今まではロボットに単純な作業を繰り返し行わせることが多かったのですが、最近は一つのロボットに複数の仕事をさせるなど、使い方のニーズが多様化しています。

それにもかかわらず、今までの産業用ロボットは人の作業とは分離して安全柵で囲んで設置する必要があったため、広いスペースや設置費用が必要なことから、中小企業でロボットを導入するにはハードルが高かったのです。

人と協働できるロボットの登場

2013年の労働安全衛生規則の改定※1により、安全柵なしでロボットを設置することが可能になりました。これに加えてロボット技術の進歩により、本体に安全センサーを組み込むなど人に対する安全性を確保できるようになったことから、限られたスペースでも人と協働した作業ができる協働ロボットの開発が進んできました。今では、多くのメーカーから協働ロボットが販売されています。

ロボット本体だけではなく、ロボットに動きを伝えるためのプログラミングペンダントがタブレット端末のように直感的に操作できるようになっていたり、ロボット本体を手で直接動かすことで簡単に動作を教えることができるなど、ロボット操作に不慣れな人でも操作しやすく工夫された製品が数多く誕生しています。

協働ロボットの登場で、今までロボットの導入が難しかったところでも、人と協働してさまざまな作業ができるようになりました。

<例>

  • ・自動車部品の組み立て・ねじ締め・検査
  • ・金属加工工場での板金プレス作業
  • ・工作機械からの製品の出し入れ
  • ・食品工場でのロボットから人への製品の受け渡し など・・・

※1:2013年12月24付 基発1224第2号通達

(注)安全柵無しで設置する場合には別途リスクアセスメントが必要です。

安川電機の協働ロボット

HC10DT

MOTOMAN-HC10DT

安川電機の協働ロボットMOTOMAN-HCシリーズは、人と同じ空間で協働して作業を行えるとともに、指や手が挟まれにくい構造や、人との接触よる危害を最小限に抑える安全機能を備えています。また、ロボット操作に不慣れな方でもダイレクトティーチボタンで簡単に操作できます。

さらに、押して運べる台車と組み合わせたハンドキャリータイプもラインアップしており、生産計画の変化やラインのレイアウト変更時にも、必要な場所へ簡単に設置することが可能です。

MOTOMAN-HCシリーズは、人とロボットが協働することで新たなものづくりの可能性を広げます。

紹介動画

詳細仕様

MOTOMAN-HC10DT

http://www.e-mechatronics.com/product/robot/assembly/lineup/hc10/spec.html

MOTOMAN-HC10DTハンドキャリータイプ

http://www.e-mechatronics.com/product/robot/assembly/lineup/hc10_hand-carry/spec.html

PAGE TOP