文化・スポーツ支援

棟方志功画伯と安川電機

当社と棟方志功画伯との出会い

棟方画伯の制作風景

棟方画伯との出会いは、昭和26年頃、当時の宣伝課長が棟方画伯の板画に大変興味を持ち、荻窪のアトリエを訪問したのが始まりです。その後当社の施設に飾る作品やPR誌のカットをお願いしながらお付き合いを重ねるにつれ、棟方画伯の優れた作品を題材にしたカレンダーの制作へと発展していきました。

ただ昭和26年当時、日本の画壇における版画の地位はさほど高いものとはいえず、棟方画伯も無名の作家に近かったようです。 ところが同年のスイス・ルガノ国際版画展にて「女人観世音」が日本人初の優秀賞を受賞し、昭和30年に「釈迦十大弟子」がサンパウロ国際美術展にて最高賞に選ばれるなど徐々に海外での評価が高まり、その後日本においても広く認められるようになりました。世界的な作家となられた後も、変わることなくお付き合いが続いたことは、当社の貴重な歴史・文化であり誉れであるといえます。

棟方画伯と安川カレンダー

当社では昭和33年(1958年)から今日まで、棟方画伯の作品を題材にしたカレンダーを制作し、国内のお客さまにお届けし好評をいただいています。現在日本で作られている数多くのカレンダーのなかで、このような長期にわたって一人の画家の作品で統一しているものは他に例がありません。

西海道棟方版画
平戸呼子の柵

安川カレンダーは棟方画伯独自の作風による優れた作品での構成といった特色に加え、手漉き和紙への印刷による原画の美しさや持ち味の正確な再現性といった特色も持っています。また、この和紙に印刷した作品は台紙から剥がし、額装や表装することも可能ですので、一年が過ぎた後も楽しむことができます。

これまで数々の作品を安川カレンダーに使用してきましたが、その中でも特筆すべきものは、昭和46年の「西海道棟方板画」を皮切りとする、一連の「海道シリーズ」です。これは安川カレンダーのために棟方画伯と当社が一緒に企画・取材旅行をして制作されたオリジナル作品です。

制作にあたって特に大作を作ろうという気負いは、棟方画伯にはなかったそうです。夢中になって写生を楽しみ、景色を楽しみ、郷土の珍味を楽しむ。「とにかく取材旅行を楽しもう」、そのような想いがあったのでしょう。

棟方画伯の詳しい情報、作品は「棟方志功記念館」をお訪ねください。

文芸同人誌「九州文学」へ協賛

安川電機九州文学賞

「九州文学」は昭和13年に北九州地方を中心に活動していた火野葦平、岩下俊作などが中心となり、北九州地域における文芸活動を広げるために創刊されました。
同誌は地方文芸誌であるにもかかわらず、新人の文壇登竜門として高い評価を受けており、これまでに火野葦平、岩下俊作、原田種夫をはじめとして、その掲載作品や執筆陣から数多くの芥川賞・直木賞候補を出しています。また、同誌で発表された「まぼろしの邪馬台国」は平成20年に吉永小百合などの主演で映画化されました。
当社は2015年より同誌で「安川電機九州文学賞」を開催し、九州地区における文化活動の活性化に貢献しています。

「北九州マラソン」でのボランティア活動

北九州の市民マラソンとして定着した北九州マラソンにメインスポンサーとして協賛しているほか、従業員やその家族もボランティアに参加して大会をサポートしています。

PAGE TOP