次世代の研究テーマ

人と地球に優しい「ヒューマン&エコ メカトロニクスの創造」をめざして

創業以来、安川電機には技術革新へのチャレンジ精神が脈々と息づいています。研究開発にあたっては1921年(大正10年)に発足した研究係、現在の開発研究所が各事業所の開発部門と連携して、「ヒューマン&エコ メカトロニクスの創造」をテーマに、人と地球に優しい先端技術の開発に取り組んでいます。 開発研究所では以下の研究開発を進めています。

人に優しい
次世代RT&MCシステム技術

日本はこれまでに例を見ない速さで少子高齢化が進み、高齢者の生活支援や、労働力不足支援が社会的な課題となっています。開発研究所では、従来の産業用ロボットの高性能化はもとより、人と共存する生活支援ロボットなど、次世代のロボット技術の開発を行っています。

豊かな未来を育む
新機構&モーション制御技術

アプリケーションに立脚した機能の複合化・最適化や超精密制御技術の追究により、高付加価値製品の創出を目指しています。

地球に優しい
省エネ&パワー変換技術

環境負荷低減のためには、「エネルギーを使わない」「エネルギーを効率よく変換する」の両側面があります。メカトロ製品の高効率化による省エネと、エネルギー変換技術によって地球環境保護に貢献しています。

PAGE TOP