株式会社安川電機 採用情報2015 >> 教育・社員研修制度

教育・社員研修制度

「与えられる教育」から「自ら学ぶ教育」へ。

自律性を尊重した安川電機の研修制度・教育体係

人材育成は「よい製品・よいサービス・よい会社」を生み出すための基礎となるものであり、企業の発展に欠かせない重要課題の一つです。安川電機では、「会社の役割は社員の自己実現の場を提供することにある」という考えのもと、「与えられる教育」 から「自ら学ぶ教育」へと個々人の自律性を尊重した教育体系を導入しています。
具体的には、社員はまず人事制度のツールを通じて「求められる人材像」や「自身のありたい姿」と「現在の姿」とのギャップを把握し、そのうえで会社は社員が「ありたい姿」「求められる姿」へ到達できるよう、教育・研修でサポートしていきます。 安川電機では、求める人材像を明確にし、経営理念に掲げる「社会の発展、人類の福祉に貢献」できる人材の育成に努めています。

教育研修制度についてキャリア開発グループ岡田が紹介します。

社員一人ひとりが、目指すべき姿に到達できるよう、会社がサポートします。

  • 入社後の人材開発モデル
  • キャリアプラン制度
  • 研修全体図(研修のねらい)
入社後の人材開発モデル

入社後、各階層で習得すべき能力等を『人材開発モデル』として定義しています。 特に入社後3年間を「義務教育期間」と位置づけ、下記のようなきめ細かな人材育成を行って います。先輩社員から色んな知識を学び、社会人としてのマナーや業務内容を習得して下さい。

  • ブラザー&シスター制度の実施
  • 新入社員工場実習の実施
  • フォローアップ研修の実施
  1. 1.ブラザー&シスター制度の実施

    新人一人ひとりに対し、先輩社員1名を専任して、全面的にサポートします。

    ブラザー&シスター制度
    ブラザー&シスター制度とは 安川電機の教育制度の根底には、OJL(On The Job Learning)という考えがあり、自ら学びながら成長して欲しいという教育理念があります。 入社後3年間、新入社員の自発的な学びをサポートし、安川電機での社会人生活をスムーズに過ごせるよう、配属先の先輩社員が新入社員にブラザーまたはシスターとしてマンツーマンでつく制度を教育の一環として導入しています。配属直後はわからないことが多くて当然ですが、ブラザーまたはシスターがしっかりとサポートすることで、いち早く仕事や職場に馴染むことができ、OJLを実践しながら成長できる環境づくりをしています。
    海外人事として活躍する3年目社員とそのブラザーを紹介します。
    根間 奈津希
    根間 奈津希
    人事グループ
    ブラザーの勝谷さんとは向かい同士の席で、仕事のやり方や進め方を一緒に業務を行いながら学んでいます。何も分からず、慣れない環境の中で自分のことを一対一で面倒を見てくれる人がいるということはとても心強いことだなと感じています。分からないことや不安ことがあれば、すぐに相談することができ、時々仕事に関係ない話をしながら、リラックスした雰囲気で仕事を覚えることができています。将来、自分も後輩を任されるような人材になりたいと思います。
    阿部 拓也
    勝谷 俊介
    「ブラザー」人事グループ
    根間さんは、持ち前の積極性と明るさを駆使して、仕事で分からないところや曖昧な点にバシバシ質問を浴びせかけてきてくれます。 その積極性のおかげで、任せることができる仕事はどんどん増え、おまけに質問があった点は改善につながり、業務のブラッシュアップもできるため、一石二鳥で非常に頼もしい存在に育ってきていると感じています。これからも、安川電機の海外事業展開を支える「縁の下の力持ち」になれるよう、一緒に切磋琢磨して、成長していきましょう!
  2. 2.新入社員工場実習の実施

    新入社員が国内外の各生産拠点を回る工場実習を行っています。

    新入社員工場実習の実施
    安川電機では、新入社員が国内外の各生産拠点を、約2ヶ月間かけて回る工場実習を行っています。国内生産拠点の八幡西事業所(ロボット工場)、入間事業所(モータ工場)、行橋事業所(インバータ、システムエンジニアリング工場)の3ヶ所および、海外生産拠点でも実習を行い、新入社員のうちから海外経験ができるグローバルな研修制度を取り入れています。
    新入社員は4グループに分かれて各工場で2週間ずつ実習を行い、工場内でも1週間ずつ実習する場所が変わります。そのため、1ヶ所だけでなく少しずつ色々な場所で実習を行うことができます。
    また、各工場では実際に活躍している営業や設計の社員による講座もあり、製品知識を深めるだけでなく、業務内容についても理解することができます。 工場実習を通じて、安川電機が持つ世界No.1の技術力を肌で感じ、製品についての知識を深めることができ、今後安川電機の一員として働いていくうえで、会社全体の雰囲気を知る良い機会となります。また、約2ヶ月間に渡って同期と共に過ごすことで、同期の絆も深まります。
  3. 3.フォローアップ研修の実施

    入社1、2、3年目の各期末に、同期全員を集めた集合研修で成長度合を確かめ合います。

    学生と社会人では、環境も大きく異なりますが、そういった中で、 新人たちが不安なく早く独り立ちできるよう、日々、教育環境の充実に努めています。

    フォローアップ研修の実施