教育・研修制度
SYSTEM

自律性重視の「自ら学ぶ」教育体系で自己実現を目指す

優れた製品やサービスでより良い社会づくりを目指す安川電機では、社員の成長が企業最大の財産(価値)と位置付けるとともに、「会社の役割は社員の自己実現の場を提供することにある」という考えのもと、「与えられる教育」 から「自ら学ぶ教育」へと個々人の自律性を尊重した教育体系を導入しています。社員は、「求められる人材像」や「目指す目標」と「現在の姿」とのギャップを把握したうえで、さまざまな教育・社員研修制度を活用し、「自己実現」を目指します。
また、キャリアプラン制度を通じて社員一人ひとりの意欲や適性にあわせた長期的な人材育成を行っています。
さらに、経営陣が「人づくり推進担当」となって、社員に夢や人材育成方針を直接語りかけたり、社員が社長に直接ホンネの意見や要望をぶつけたりするミーティングを行うなど、双方向コミュニケーションを重視した独自の制度を導入し、人材育成の向上を図っています。

自律性重視の「自ら学ぶ」教育体系で自己実現を目指す

社員一人ひとりが自己成長を遂げ、
“最高の自分に出会う”ため、全面的にサポート

入社後~3年目の人材開発モデル

入社後、各階層で習得すべき能力等を『人材開発モデル』として定義しています。特に入社後3年間を「義務教育期間」と位置づけ、実際の現場で社会人としてのマナーや業務内容を習得していきます。先輩社員が新人一人ひとりに寄り添いながら、きめ細かな人材育成を行います。

ブラザー&シスター制度

現場での業務を習得しながら自己成長を目指すOJL(On the Job Learning)を教育の根底とする安川電機では、入社後3年間は、新入社員1名に対して配属先の先輩社員1名がメンターとしてマンツーマンで全面サポートする独自の制度を導入しています。配属直後からブラザーまたはシスターの手厚いサポートを受け、不安の解消とともに、仕事や職場にいち早くなじむことができます。

ブラザー&シスター制度

新入社員工場実習

全新入社員を対象に入社後約2か月間をかけて安川電機の各生産拠点を回る、工場実習を行います。国内生産拠点の八幡西事業所(ロボット工場)、中間工場(ロボット工場)、入間事業所(モータ工場)、行橋事業所(インバータ、システムエンジニアリング工場)の4ヶ所および、海外生産拠点で実習を行い、新入社員のうちから海外経験ができるグローバルな研修制度を取り入れています。この工場実習を通じて、安川電機が持つ世界No.1の技術力を肌で感じ、製品についての知識を深めることができるとともに、今後安川電機の一員として働いていくうえで、会社全体の業務内容や雰囲気を知る良い機会となります。また、約2ヶ月間に渡って同期と共に過ごすことで、同期の絆も深まります。

新入社員工場実習

キャリアプラン制度

社員一人ひとりの意欲や適性にあわせ、目指すべき方向性を明確にした上で、中長期的な育成プランを計画的に策定する「育成(キャリア)プラン制度」を導入しています。毎年、上司と部下が面談を行い、「将来目指すべき(したい)人材タイプ」「経験すべき(したい)職種」などについて話し合いながら、個々の育成(キャリア)プランを策定します。その後は、育成(キャリア)プランに基づいた、OJL(On the Job Learning)、人事ローテーション、集合教育・研修、自己啓発を実行・検証していきます。

キャリアプラン制度

研修全体図(研修のねらい)

新入社員から部長層まで、年次、職位階層に応じたさまざまな研修プログラムを用意しています。全員参加のものから選抜、専門技術の習得から自己啓発まで、社員一人ひとりの「成長したい」という意欲と積極性を重視したバラエティ豊かなプログラムが特徴です。

女性社員研修(公募・選抜)

女性の活躍推進を最優先課題としている当社では、女性社員に向けた育成プログラムを取り入れています。チームビルディングや企業体験ワークといったスキルアップのための研修や、より高い視点での業務遂行が可能になるようコンセプチュアルスキルに関する研修も実施しています。また、将来のキャリアを描きやすくするための、管理職から中堅総合職に対するキャリア支援策の構築などに取り組んでいます。

女性社員研修