人事理念
PERSONNEL

創業以来「技術立社」を掲げ、100年にわたり先進技術で世界のものづくりに貢献し続けている安川電機。
そんな私たちが“ものづくり”とともに大切にしているのが、“人づくり”です。
安川電機では、社員の自己実現と成長が会社の成長へつながるという思いから「人事理念」を制定しました。
求める人材・人材育成・労働環境・評価と処遇に関する基本理念を明確に示すことで、
社員一人ひとりが自由に発想し、
自立しながら成長でき、最高の自分に出会える職場環境づくりを目指しています。
人事理念

求める人材

会社創設以来、時代時代のニーズを先取りして新しいことに絶えずチャレンジし続けてきた安川電機。私たちは、自ら考えプロフェッショナルな意識と情熱を持ち、失敗を恐れず皆と協力しながら新しいことにチャレンジし続ける人材を求めています。

人材育成

“育とう・育てよう”という企業風土を醸成し、社員一人ひとりの自己実現に向けてチャレンジできる成長機会の提供を行っています。また、ビジネスのグローバル化が加速する中、文化、慣習、言葉の壁を越えてワールドワイドに活躍する人材の育成にも力を注いでおり、自己啓発、OJL、OFF-JLなど、幅広い教育・研修制度を整えています。

労働環境

社員の個性や多様性を尊重し、心身ともに日々の社会生活を健康・安全に過ごせて、働き甲斐ある労働環境づくりに最大限の努力を行います。職場環境からあらゆる差別を廃止し、ハラスメントの防止に努めます。また、ワークライフバランスを推進するため、多様な働き方を実現する取り組みや諸制度の構築を行っていきます。

評価と処遇

定期的な上司と部下の面談を通して、一人ひとりの目標と役割を明確にします。評価基準の情報開示を行うことで透明性を高めるとともに、努力を重ね、成果を収めた人が適正に評価される制度を構築します。発揮された成果については、合議による評価の実施により公正さを保ち、報酬、昇級・昇格の処遇において公平に報います。