会社を知る
2025

2025年ビジョン

コア技術の進化とオープンイノベーションの融合による新たな価値の提供を目指す。

創立100周年を迎えた2015年、私たちを取り巻く環境の劇的な変化をチャンスとして捉え、将来に向けた経営の方向性を示す2025年ビジョンを掲げました。「Respect Life」「Empower Innovation」「Deliver Results」を目指す姿とし、事業領域ごとに明確な数値目標を設定した上で、目標達成に向けた具体的な戦略を打ち出しました。

[ Mechatronics ]

「Mechatronics」事業領域では、既存コア事業であるモーションコントロール、産業用ロボットの分野において、グローバルNo.1シェアを追求するとともに、世界最先端のメカトロニクス技術とICT技術※1の融合により、新たな産業自動化の革命を目指します。

[ Clean Power ]

「Clean Power」事業領域では、再生可能エネルギー事業のグローバル展開を進めるとともに、電気駆動の新市場を開拓し、創・蓄・活エネ事業として確立することを目指します。

[ Humatronics ]

また、「Humatronics※2事業領域では、産業分野で培ったメカトロニクス技術を医療・福祉分野へ応用し、人間の能力を補強し、生活の質が向上する機器の開発により人間の能力がより生かされる社会を目指します。

組織・人材面では、地域と共生するグローバル経営のもと、組織能力の強化と人材力の強化を推進。「会社の役割は社員の自己実現の場を提供することにある」という考えから、全ての社員が働きがいや生きがいを持ち、能力を最大限に発揮できる労働環境(制度・風土)づくりを目指しています。

また、「よい製品・よいサービス・よい会社」を生み出すための基礎となる人材育成やさまざまな社内風土改革にも積極的に取り組むとともに、多様な人材の強みを活かせる風土づくりとして、ダイバーシティ(人材多様性)を掲げ、働き方改革によるワーク・ライフ・バランスの推進と柔軟で多様な働き方や人事制度の在り方を追求しています。

※1 Information and Communication Technology(情報通信技術)
※2「Human(人間)」と「Mechatronics(メカトロニクス)」を掛け合わせた造語