ディスクロージャーポリシー

1. 情報開示の基本方針

当社は、「安川グループ企業行動規準ガイダンス」において、「企業情報の開示ルールを遵守するとともに、適時に、正しい情報の開示に努めること」を明示しています。

この方針に基づき、それぞれの担当部門において、子会社を含む会社業務に関する情報(決定事実、発生事実、決算に関する情報等)の適時かつ正確な把握を行い、投資家等および金融商品取引所に対して適時適切な情報開示を行うよう努めています。

2. 情報開示に関する社内体制

当社は、東京証券取引所が定める「有価証券上場規程」に基づき行う会社情報の取扱に関し、情報取扱責任者をそれぞれ任命し、それらの情報の適時開示に際しては、社内規程に照らして、承認権限を持つ者による決裁を得て実施することとしています。
また、情報開示を含む不正防止策として、コンプライアンス委員会において全社的な遵法体制を推進するととともに、社内通報制度「コンプライアンス・ホットライン」を設けています。

3. 情報開示の方法

当社は、上場している証券取引所の適時開示規則に該当する情報の開示については、同規則に従い、東京証券取引所の提供するTDnetにて公開しています。
当社の判断で兜倶楽部または北九州経済記者クラブ所属各社、あるいはその双方に対する説明、資料配布を適宜行うほか、当社ホームページへの情報の掲示も適宜行っています。
ただし、本ホームページには当社が開示している情報の全てが掲載されていない場合があります。

4. 沈黙期間

当社は、各四半期および通期決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、原則として決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えることとしています。
ただし、この沈黙期間内でも、開示が必要となる業績予想値の差異が生じることが判明した場合は、開示規則に従い適宜公表することとします。

5. 将来の見通しについて

当社および当社グループの当期および将来の業績に関する予想などは、当該時点において入手可能な情報と合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績は、さまざまな要因により、この見通しとは異なることがあります。
実際の業績等に影響を与えうる重要な要因には、当社の事業領域を取り巻く国内外の経済情勢、当社製品・サービスに対する需要動向、為替・株式市場の動向などが含まれます。ただし、業績に影響を与える要因はこれらに限定されるものではありません。
なお、当社ホームページに掲載されている情報のご利用にあたりましては、別途掲載している免責事項もあわせてご参照ください。

PAGE TOP