株主との対話促進の方針

株主との対話促進の方針

1. 担当役員

代表取締役 専務執行役員 村上 周二

2. 担当部署

広報・IR部

3. 対話の手段の充実に関する取り組み

アナリスト、機関投資家、個人投資家それぞれに応じた各種イベントを実施いたしております。(決算説明会、事業説明会、工場見学会、各種IRイベントへの参加など)

4. 株主意見等の効果的なフィードバック

IR活動で得られた株主・投資家の皆様からのご意見や随時発行されるアナリストレポート等につきましては、経営陣等に対し、適宜・適切に報告いたしております。

5. 対話に際してのインサイダー情報管理の方策

各四半期および通期決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、原則として決算期日の翌日から決算発表までを沈黙期間としています。この期間は、決算・業績見通しに関する質問へのコメントを差し控えることとしています。ただし、この沈黙期間内でも、開示が必要となる業績予想値の差異が生じることが判明した場合は、開示規則に従い適宜公表することとしています。また、通常時に当社グループへの問い合わせや当社グループが主催または参加する非公開のミーティング等においては、既に公開された情報や、周知となった事実に関する説明に限定するよう留意する等、インサイダー情報を適切に管理いたしております。

PAGE TOP