2025年ビジョンの主な戦略

既存コア技術で世界一を追求
産業自動化革命の実現
創・蓄・活エネ事業の確立
医療・福祉市場への挑戦

戦略 1 既存コア事業で世界一を追求

既存コア事業で下記の製品戦略により、グローバルシェアNo.1を追求する。

  •  

戦略 2 産業自動化革命の実現

 

自動化が難しい工程への挑戦

電子機器・食品製造等における組立を中心とした多くの工程で自動化が進んでいない。世界最先端の技術開発により、新しいソリューションを提供する。

“見える” “つながる” 装置の実現

自動化コンポーネントとICT技術等を融合させ、相互に“見える”“つながる”装置の開発を進める。

オープンイノベーションの拡大

オープンイノベーションにより、当社技術とその周辺技術を組み合わせ、高機能でありながらより使い易い装置・モジュールにより、市場の開拓を図る。

戦略 3 創・蓄・活エネ事業の確立

戦略 4 医療・福祉市場への挑戦

産業自動化市場で培ったロボット技術を医療・福祉分野に応用し、アライアンスや産学官連携等オープンイノベーションを活用し、先進的な医療・福祉機器市場を創造する。当社のメカトロニクス技術と人間の能力を融合し、生活の質を高める機器をヒューマトロニクス機器という。

  •  

PAGE TOP