生物多様性の取り組み

生物多様性方針

安川グループは、持続可能な社会を実現するために、環境方針に定める環境保護基本理念、基本行動指針に基づき、地球環境の保護が人類共通の最重点課題の一つであるという考えのもと、我々の事業活動は生物多様性が提供する様々なサービスの上に成り立っていることを認識し、事業活動、社会貢献活動を通じて、生物多様性保全を推進します。

行動指針

  1. 事業活動において、地球温暖化の防止、資源循環・省資源、化学物質適正管理に努めます。
  2. 環境・エネルギー事業領域を推進することにより、省エネルギーと創エネルギーの両面から環境負担を軽減し ます。
  3. 従業員の生物多様性に関する知識を深め、地域、行政、NPO、NGOとも連携し、社内外での活動を実施します。

私たちの活動と生物多様性の関連性マップ

私たちの活動が、生物多様性にどのように依存または影響を与えているかを把握するため、「一般社団法人企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)」が開発した「企業と生物多様性の関係性マップ」 を参考に整理しました。
生物多様性との関わりを見える化することで、私たちの生物多様性保全に対する共通認識と意識を向上させ、重点的に取り組むべき環境活動を推進します。

生物多様性保全の取り組み

本社のある北九州地区では、市主催「環境首都100万本植樹プロジェクト 響灘・鳥がさえずる緑の回廊創生事業」の「どんぐり銀行」の取り組みに参加しています。

  •  

3月の植樹会には従業員の家族も含む約30名が参加しました。

地元の小学生による環境宣言に続き、参加人数約1,500人により、当社で2年間育てた100本の苗を含む約6,500本のどんぐりの苗を植樹しました。 

  • dummy_ph

紙購入ガイドラインの制定

事業活動において日々使用している紙は、貴重な森林資源が原料であり、地球の生物多様性により生み出されているものです。 そこで、私たちは、生物多様性を利用しながら保護する、すなわち「持続可能」な取り組みを行なう必要があります。 それがもし、自然を壊して作られたり、加工のプロセスで環境を汚染したりしているものだった場合、その製品を利用するべきかどうか、よく考えることが必要です。そのために我々は紙購入ガイドラインを定めました。 まずは名刺、コピー紙から取り組みを始めています。

YASKAWAの森

2015年6月にオープンした新本社地区(通称ロボット村)には、生物多様性に配慮し、地元の在来種を中心とし た約100種類の樹木を植えた「YASKAWAの森」を作りました。平日は一般市民にも開放されるこの森は、市民が 自然と親しみ、ふれあえる場となるように育てていきます。
今後は、森に集まる生き物を観測するなど、学びの森としても活用していきたいと思います。

PAGE TOP